2011年06月04日

明治40年(1907年)からここに建つ 雑司が谷旧宣教師館

2a755101.jpg所在地
171-0032
東京都豊島区雑司が谷1-25-5
03-3985-4081(管理事務所)
利用時間  午前9:00から4:30まで  
休館日 毎週月曜日 第3日曜日 国民の祝日の翌日 年末年始
入館料  無料



この建物は明治40年(1907)にアメリカ人宣教師J・Mマッケーレブが建てたものです。マッケーレブは昭和16年(1941)に帰国するまでの34年間この家で生活をしていました。
建物は木造2階建。建築面積は113.03m2。和小屋組の寄棟屋根で、南と西に切妻飾りを持ち、カラーベスト・コロニアル葺きとなっています。外壁はペンキ塗りの下見板張りで、19世紀末のアメリカ郊外住宅に多く用いられたシングル様式を基調とし、細部のデザインはカーペンターゴシック様式を用いています。
建物の内部は1階・2階ともに3部屋がT字形に配置され、各階3部屋ともに暖炉が組み込まれ、壁の中で煙突につながっています。1階の西北部にポーチ付きの玄関を設け、北側に廊下及び主階段、南側にはサンルームとしても使える広場があり、東側には補助階段が付いています。19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を有する質素な外国人住宅であり、都内でも数少ない明治期の宣教師館の一つとして貴重です。 宣教師館外観
地図 東京都豊島区雑司が谷1-25-5


この情報が役に立ったなって思う方は
こちらをクリック 人気ブログランキング ←カチッ

brohiro at 02:00コメント(1)トラックバック(0) 
南池袋の名所旧跡 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by dissertation help    2011年10月12日 15:16
それは私が見て、時間にブログを読み取ることができたことを幸運だった。私はそれが非常に便利です。共有していただきありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字